マスターケア独自の特徴により重要な「ボーナス効果」が得られます。可動式バックレストとロック機構により、減圧された姿勢でストレッチ運動を可能にしています。このストレッチ運動は背中のあらゆる部位の痛みに対処するため、スウェーデンの医師と理学療法士によって開発されたものです。
ストレッチ運動は関節にポンピング効果をもたらします。水分と栄養がくみ上げられ、老廃物が取り除かれます。
医師と理学療法士はこれはとても重要な事だと指摘しています。

1. 最初は両足首を何回か曲げる事の繰り返しから始めます。
各エクササイズは、何回か繰り返します。各エクササイズの間、リラックスと深呼吸をします。

足首の関節をストレッチし、血行を促します。足がむくむなど、立ち仕事などで足に負担がかかっている方に特にお勧めです。

2. 交互にゆっくりと膝を曲げ、楽に歩く動きを行います。

膝の関節、股関節のストレッチ。足に左右差があったり、膝の痛みがある方にお勧めです。運動負荷が大きいと感じる方は、グリップを軽く持つと運動負荷を軽くできます。

3. 両肩を持ち上げている間、首をバックレスト上に平らに押し付けます。

4. お尻に力を入れて、バックレストから持ち上げます。

骨盤底筋の運動です。姿勢保持のためのインナーマッスルを鍛えて「ギックリ腰」などの発生を抑えます。

5. 片手をお腹に置き、片手を頭上に伸ばしてりんごをつかむような動きをします。手順を繰り返して腕を頭の横で伸ばします。
エクササイズ中に手のひらを交互に返します。
最後に、背泳ぎを泳ぐように腕を回します。

6. 胴とお尻をひねります。何回か繰り返します。

手首を掴みます。反対側にも同じようにひねります。

7. 両手を 腹上で重ねます。左右、出来るだけ遠くに首を回します。リラックスして、深呼吸を何回かします。

めまいの予防としても広く知られている首のストレッチです。

8. サムロックボタンを解除しながら、水平ポジションに戻します。最低でも60秒リラックスしてから、元のポジションまで戻します。足をフットホルダーから外し、マスターケア・ミニから降ります。

マスターケアを手に入れよう

肩こりや腰痛など体の痛みを防ぐには毎日のセルフメンテナンスが欠かせません。マスターケアを手に入れれば、セルフメンテナンスが歯磨きのように習慣になります。